はじめての 人事交流

こんにちは

働く車の タイヤ屋さん

しらい まさしです

NO69

 

 なが~い盆休み明け いかがお過ごしでしょうか?
休み明け2日目 徐々に仕事モードに切り替えができてきますね。
猛暑が連日続きます 水分補給と適度な休憩を入れて上手に体調管理していきましょう。

広島県も連日35度を超えて もう2週間も雨が降っていません。
降り過ぎるのも困るけど 降らな過ぎも・・・・・・。
何事も バランスが大切です。

 

 先日 入社6年目になる 社員さんが県外の同業他社さんの会社へ出向き 
1週間そこで仕事をするという 人事交流を行いました♪

その企業は創業約40年となかなかの歴史のある会社。
サンライズと同じ 自動車整備の中でもタイヤの販売・取付・修理を専業とする「タイヤ専業店」 しかもタイヤ種類の比率 トラック・バス用タイヤ90%一般的な乗用車10%という所も似ています。

今回人事交流を行った目的が 僕の中で大きく分けて 3つあります。

 1、社員さんに外に出てもらう事で視野を広げてもらい

  会社の停滞・硬直化させないため

2、自社内では気付かなかったサンライズの魅力や長所    

  を見つけてもらうため

3、社員さん本人のリフレッシュのため

 家族と離れ 1週間ウィークリーマンションで過ごし戻ってきて 感想などを社内で共有しました。

開口一番「会社として目指している所が違うので活かせる所とそうでない所がある。」  まるで 経営者のような言葉にビックリしました。頼もしい存在に成長してくれているのでしょう!

 

サンライズとの違いは 

〇作業中に、数ある大切にしている部分の優先順位。

〇売上(利益)増加の手法

この2点。

 業界の昔からの名残なのか タイヤ専業店はとにかくスピードに命を懸けます。お客様は、仕事で使用する働く車がほとんどですから いかにお客様の仕事に対するタイムロスを無くしていくか。
また、お客様の数が多いければ多いほど 冬場の繁忙期には 雪が降るとタイヤ交換は戦争のようにバタバタしますから 交換作業が捌ききれなくなる・・・。という理由からも 作業スピードに拘る業界です。

 サンライズも創業当時は 人数も少なかったですし 同業他社との差別化を図るために いかに作業時間を短縮できるか 命を懸けていました!
現在は 安心・安全を念頭に掲げ 丁寧・キレイな作業と作業効率のバランスを重視しています。

 売上増加については メーカー下請け仕事の増加を目指す。

タイヤ販売で伸ばすのではなく タイヤ交換作業工賃で増やすという考えだったと。確かに タイヤ販売を増やせば売上は伸びますが、仕入れが発生することにより 同時に支払いも増えます。メーカーさんの下請け作業だと 仕入れは発生しませんので 売上=利益 みたいなものです。

 サンライズは 企業文化を創り そこに共感してくれるお客様を増やす(ファンを増やす)事を 目指しています。
う~ん 違います♪

 同業者で 取り扱う商品や サービスが同じでも 会社の文化や社風が違えば これほど違いがあるんだなという事が 社員さんも 身をもって知れたのではないでしょうか♬

 今回 快く迎えてくださった 社長様をはじめ〇〇商会の皆様には 大変感謝しております。

これからも 自社の発展はもちろん 業界の発展もより意識高めて 参ります!

 

関連記事

  1. 2019年 本年もよろしくお願いいたします。

  2. 変革と挑戦!!

  3. 金沢出張~!

  4. 無印からの脱却♪

  5. 楽しいの発見!楽しいの実現!

  6. 本年もよろしくお願い致します!