プレミアムグレード 試乗 ?

こんにちわ。
働く車の タイヤ屋さん
しらい まさし です!
NO22

先日 ヨコハマタイヤによる タイヤ試乗会がありました。

昨年末に発売された 新商品の紹介の一環です。

〇他社の同等グレードのタイヤで体感を比較。

〇もちろん 同じ車種で同じコースで体感比較。

 

今回は、vs ブリヂストン  車種はプリウスでした(‘◇’)ゞ

両メーカーの中でも最高峰(最高値w)に値するプレミアムグレードのタイヤです。

 

1 ブリヂストン REGNO GR-XI(レグノ ジーアールクロスアイ)

タイヤのコンセプト
静かなる 走りの正統。

2 ヨコハマ ADVAN dB V522(アドバン デシベル ヴイ522)

タイヤコンセプト
車内での空気感を変える かつてない静寂感

両メーカー共、素晴らしいタイヤで すごく 静かでしたし

どっしりとした 重厚感のあるタイヤで 支えられてる~~~(*´▽`*)って感じました。

カーブでの 粘りも 体感できました。

正直 差 は 体感できず・・・。

音域の問題で、ブリヂストンは重厚感のあるロードノイズ。

ヨコハマは高音域でシュアーーって感じの音の違いくらいで・・・。(一応、音大卒w)

その他に大きな違いは感じられませんでした。

やはり、価格が高い分、研究開発にかなり手間暇かけているんだなと思いました。

国産各社は 最高峰のタイヤには

答えのない 課題 ”静寂性” への挑戦』を続けています。

常に研究を重ね 試行錯誤の日々。

一般の人からしたら どこが変わったの?? デザイン??

みたいな(*´ω`)ww

ちょっとずつ ちょっとずつ 進化を継続しています。

安心・安全に プラス@で 驚きや感動を 提供できるように企業努力しているんでしょうね。

大切な努力だと思います。

 

 

関連記事

  1. 出張ウィーク 学びと距離は比例する その1

  2. 趣味のお話

  3. 東広島青年部10周年記念

  4. サンライズ 社員旅行 その1♪

  5. トーヨータイヤ SUV専用設計タイヤ 試走会

  6. 社員旅行その① バックグラウンドと1日目